扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 主婦収入について > 注意すること

注意すること

 

アルバイトやパートをしていると、どこまで扶養家族として働けるのか気になると思います。

 

あなたの場合はどうですか?

サラリーマンの場合は、給与収入という形で収入が得られますが、その時にかかる税金は所得税という税金になっています。

 

その税金については、扶養家族の人数によって控除額が変わってくるようになります。

 

簡単に説明すると、扶養家族が多ければ多いほど控除額が多くなって、所得税自体が少なくなるということになりますね。

 

とは言っても、扶養家族である奥さんやお子さん達が、アルバイトやパートをしないとは限りませんよね。

 

アルバイトやパートをすると、扶養家族の方が収入を得ることになりますが、その収入が問題になってくるんです。

 

※正社員でなければ大丈夫という話ではありませんよ。
 稼ぐ収入がどれだけあるかが問題になります。

 

ちなみに、たくさん稼いだ場合には、扶養家族として扱われなくなるという自体にもなりかねないので気を付けましょう。

 

注意が必要なのは、アルバイトやパートをしている方と、これに在宅ワークも含みます。

 

このような方で、扶養家族内で働きたいといった場合には、所得を年間38万円以下にしなければなりませんよ。

 

※これは、収入が38万円ということではありません。

 

収入として、103万円までならば所得を38万円としてみなすので、この金額内であれば扶養家族内で働けるということが言えますね。

 

この所得と収入に関して、皆さんが一番勘違いしやすいところなので注意しましょう。

 

ちなみに、給与所得控除という控除があって、給与所得している方の場合については、65万円が控除されます。

 

そして、残り38万円が扶養控除としての枠になるので、103万円までは収入として認められるということになります。

 

よって、万が一働き過ぎた場合には、扶養家族から外れなければいけませんよ。

 

そのどちらが得かどうかは、そのご家庭の事情により変わるので何とも言えませんね。

 

ですから、超えそうな人は比較してみることをお勧めします。

 

主婦収入について記事一覧

主婦収入の基準とは?

正社員などとして働いているサラリーマンの方は、給料を会社から貰っていますよね。当然のことですが、自分の収入がこういった給与収入のみの場合は、所得税と言われる税金だけが徴収さ...

主婦収入の範囲を超えるとき

妻が扶養家族の場合であっても、働くということは考えられますよね。それが、自営業をしている人の妻であっても、サラリーマンの妻であっても同じです。扶養範囲外ということに...

在宅の仕事の場合

扶養家族の方の中で、家計を助けようと在宅で仕事をしている方も沢山いるのではないでしょうか。今は、在宅の仕事も色々あるので、何時でも働けるようになっていると思います。...

学生アルバイトの場合

よく専業主婦の人がアルバイト(パート)に出たとして、「103万円以上の年収になると損をする」というようなことを耳にしますよね。それは、扶養家族としている学生の子供に対しても...

所得限度内と限度外の違い

誰もが気になっていることは、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、それとも扶養家族から外れて働いた方が得なのかということだと思います。あなたも、どちらが得かといった疑問を持った...

注意すること

アルバイトやパートをしていると、どこまで扶養家族として働けるのか気になると思います。あなたの場合はどうですか?サラリーマンの場合は、給与収入という形で収入が得られま...

離婚後の申請について

離婚した際、悲しみに嘆いているのも分かりますが、そうしてはいられませんよ。少し気持ちを切り替えて、離婚後に関する手続きを行ないましょう。結構、色々としなければいけな...