扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 主婦収入について > 所得限度内と限度外の違い

所得限度内と限度外の違い

 

誰もが気になっていることは、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、それとも扶養家族から外れて働いた方が得なのかということだと思います。

 

あなたも、どちらが得かといった疑問を持ったことはありませんか?

これは、一概にどっちが得だと言うことは言えませんね。

 

しかし、確実に得なのは、年収300万円とか400万円とか稼げるのであれば、扶養家族としてではなくて外れた方が得だという事です。

 

ですが、それ以下の年収120万円や150万円などの微妙なラインだとしたらどうでしょうか。

 

扶養家族として控除が受けられるのは、年収130万円以内の人になるので、120万円は扶養家族として申告できますが、150万円は扶養家族から外れた形で申告することになります。

 

ざッと見ると、扶養家族から外れて150万円稼いだ方が、年間30万円も得だなと思ってしまいますが、実際は扶養家族として働いた120万円の方が得になるんですね。

 

これはどうしてかと言うと、「配偶者控除」や「扶養控除」、「所得税」「健康保険」の絡みで年間を通してみると、扶養範囲内で働いた方が得ということになるからです。

 

しかし、長期的に見るとやはり、年収150万円の方が得かもしれないといった考え方もありますね。

 

※ただし、年収150万円になると扶養家族としては扱われないので注意しましょう。

 

そうなった場合は、個人として扱われるようになるので、自分で「健康保険」や「年金保険」に加入することになります。

 

もし、サラリーマンとして厚生年金保険や社会保険に加入できるのであれば、将来的に受け取る年金額を考えると、扶養範囲外で働いた方が断然お得になりますね。

 

このように見てみると、どちらが良いかはその人の考え方次第だと思いますね。

 

よって、それぞれの環境に応じて状況も変わってくると思うので、一度きちんと調べてみると良いかもしれませんね。

 

主婦収入について記事一覧

主婦収入の基準とは?

正社員などとして働いているサラリーマンの方は、給料を会社から貰っていますよね。当然のことですが、自分の収入がこういった給与収入のみの場合は、所得税と言われる税金だけが徴収さ...

主婦収入の範囲を超えるとき

妻が扶養家族の場合であっても、働くということは考えられますよね。それが、自営業をしている人の妻であっても、サラリーマンの妻であっても同じです。扶養範囲外ということに...

在宅の仕事の場合

扶養家族の方の中で、家計を助けようと在宅で仕事をしている方も沢山いるのではないでしょうか。今は、在宅の仕事も色々あるので、何時でも働けるようになっていると思います。...

学生アルバイトの場合

よく専業主婦の人がアルバイト(パート)に出たとして、「103万円以上の年収になると損をする」というようなことを耳にしますよね。それは、扶養家族としている学生の子供に対しても...

所得限度内と限度外の違い

誰もが気になっていることは、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、それとも扶養家族から外れて働いた方が得なのかということだと思います。あなたも、どちらが得かといった疑問を持った...

注意すること

アルバイトやパートをしていると、どこまで扶養家族として働けるのか気になると思います。あなたの場合はどうですか?サラリーマンの場合は、給与収入という形で収入が得られま...

離婚後の申請について

離婚した際、悲しみに嘆いているのも分かりますが、そうしてはいられませんよ。少し気持ちを切り替えて、離婚後に関する手続きを行ないましょう。結構、色々としなければいけな...