扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 主婦収入について > 主婦収入の基準とは?

主婦収入の基準とは?

 

正社員などとして働いているサラリーマンの方は、給料を会社から貰っていますよね。

 

当然のことですが、自分の収入がこういった給与収入のみの場合は、所得税と言われる税金だけが徴収されるようになっています。

この「所得税」は、給料から一定金額を差し引かれているものです。

 

しかし、その金額は扶養家族の人数によって違ってきます。

 

例えば、扶養家族が多いほど税金を払わなくて済むという計算方法となっています。

 

この制度を「扶養家族控除」と言います。

 

ただし、扶養家族の定義はしっかりと決められているので、それに従わなくてはなりませんよ。

 

ですが、例えば扶養家族の方が働いて収入を得たとします。

 

この際の収入が一定額を超えてしまうと、扶養家族から外れてしまうようになるので、この一定額について色々と基準があります。

 

そこで、下記で詳しく説明していきたいと思うので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

例えば、あなたが結婚をして専業主婦になっている場合では、あなたは旦那様に扶養されている扶養家族になりますよね。

 

しかし、専業主婦をやめてアルバイトを始めた場合、毎月コンスタントに10万円を給料としてもらったとします。

 

その場合には、年間120万円を単純に稼ぐことになるので、年間103万円以上稼ぐと扶養家族として扱われなくなってしまいます。

 

その為、旦那様の扶養から外れてしまうことになり、そうなると旦那様は、扶養家族控除が受けられなくなってしまうというわけです。

 

この時、120万円の年収ならまだいいですが、もっと稼いで130万円以上稼いでしまった場合については、奥様は奥様自身で所得税を支払わなくてはいけなくなります。

 

そして、確定申告をする必要が出てきますね。

 

この103万円と130万円という数字は、扶養家族の方は微妙なラインになります。

 

ですから、よく頭に入れておく必要がありますよ。

 

特に心当たりがある人は気をつけましょう。

 

110万円程度しか稼がない場合には、103万円以下に調整するなど、扶養家族控除の方がお得になる場合があるので、必ずチェックしてみましょう。

 

主婦収入について記事一覧

主婦収入の基準とは?

正社員などとして働いているサラリーマンの方は、給料を会社から貰っていますよね。当然のことですが、自分の収入がこういった給与収入のみの場合は、所得税と言われる税金だけが徴収さ...

主婦収入の範囲を超えるとき

妻が扶養家族の場合であっても、働くということは考えられますよね。それが、自営業をしている人の妻であっても、サラリーマンの妻であっても同じです。扶養範囲外ということに...

在宅の仕事の場合

扶養家族の方の中で、家計を助けようと在宅で仕事をしている方も沢山いるのではないでしょうか。今は、在宅の仕事も色々あるので、何時でも働けるようになっていると思います。...

学生アルバイトの場合

よく専業主婦の人がアルバイト(パート)に出たとして、「103万円以上の年収になると損をする」というようなことを耳にしますよね。それは、扶養家族としている学生の子供に対しても...

所得限度内と限度外の違い

誰もが気になっていることは、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、それとも扶養家族から外れて働いた方が得なのかということだと思います。あなたも、どちらが得かといった疑問を持った...

注意すること

アルバイトやパートをしていると、どこまで扶養家族として働けるのか気になると思います。あなたの場合はどうですか?サラリーマンの場合は、給与収入という形で収入が得られま...

離婚後の申請について

離婚した際、悲しみに嘆いているのも分かりますが、そうしてはいられませんよ。少し気持ちを切り替えて、離婚後に関する手続きを行ないましょう。結構、色々としなければいけな...