扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 健康保険について > 夫の健康保険組合に加入する場合

夫の健康保険組合に加入する場合

 

女性の方は、結婚をして仕事を辞めてから専業主婦になる場合があると思います。

 

その専業主婦として生活する場合、基本的には旦那様の扶養家族として扱われることになりますよね。

旦那様が加入している健康保険組合から、奥様を扶養家族にするという認定を、雇用保険を受給した後に受けなければならなくなります。

 

そしてその後、扶養家族として認められることになります。

 

ですから、仕事を辞めてから間があくことになりますね。

 

よって、その間は国民健康保険に加入するという事になります。

 

もし、あなたの奥さんになる人が結婚前に働いていないか、低い収入だった場合では、親の扶養家族に入っている可能性が高いと思います。

 

その際、親の扶養家族の際に持っていた保険証のコピーと、健康保険資格の喪失証明を持って旦那様の健康保険組合に提出すると、今度は旦那様の扶養家族として認められることになります。

 

このような場合、奥さんが旦那様の扶養家族になった時においての健康保険の使い方ですが、もし奥さんが妊娠して出産という事になるのも充分に考えられますよね。

 

その際は、社会保険に申請することで「出産育児一時金」を貰う事ができるようになるので、是非とも利用して欲しい制度になります。

 

更に、もし奥様の両親、つまり旦那様から見ると義理の両親を旦那様の扶養家族にしたいという申し出がある場合については、少し条件が付きますね。

 

年収ももちろんですが、一定額以内であることが条件になります。

 

旦那様と同居していることも条件に入れなければならないそうなので、その証明に住民票を申請する必要が出てきますね。

 

同居していない場合でも、仕送りして生計を一緒にしているという証明が必要です。

 

これは、別居していても扶養家族にすることも可能だという事ですね。

 

健康保険について記事一覧

健康保険との関係

社会保険や健康保険に加入している人のことを、被保険者と呼んでいます。ご存知ですか?更に、その被保険者の扶養家族として認定されている人のことを、被扶養者と言います。 ...

健康保険に加入する場合<配偶者>

家族である配偶者の方が仕事をしている場合には、扶養家族の範囲外である130万円を超えた年収を正社員として稼いでいる場合には、会社で加入している社会保険に入ります。そうでない...

夫の健康保険組合に加入する場合

女性の方は、結婚をして仕事を辞めてから専業主婦になる場合があると思います。その専業主婦として生活する場合、基本的には旦那様の扶養家族として扱われることになりますよね。 ...

健康保険の免除について

社会保険や国民健康保険は、必ず支払わなければならないものですよね。日本国民として当然の義務でもあります。社会保険料に関しては、会社勤めをしていると給料から天引きされ...

健康保険証のカード化について

扶養をするための扶養家族には、認定基準が設けられていることをご存知ですか?これは、扶養する側の収入または扶養家族の年収、更に生計を同一にしているかどうか、親族かどうかという...