扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 健康保険について > 健康保険に加入する場合<配偶者>

健康保険に加入する場合<配偶者>

 

家族である配偶者の方が仕事をしている場合には、扶養家族の範囲外である130万円を超えた年収を正社員として稼いでいる場合には、会社で加入している社会保険に入ります。

 

そうでないのであれば、国民健康保険に加入することになりますね。

そして、もしその配偶者の方が退職した場合は失業状態になります。

 

退職後、まずは雇用保険の受給をするようになると思いますが、その間は旦那様の扶養家族として、旦那様の健康保険に加入することができなくなっています。

 

もし、直ぐにでも扶養家族として認定されたい場合には、雇用保険から出される失業給付の受給を受けないように、働かない意思を評して退職証明証を提出することで、健康保険組合から扶養家族として認定されることができますよ。

 

また、妊娠して退職することも考えられますが、この時に扶養家族として認定された後に出産した場合は、出産証明証または出生届と一緒に出産育児一時金申請書を提出することで、30万円前後の給付金を受けることができますよ。

 

こうした配偶者の方が扶養家族になることで、受けられるメリットは沢山あります。

 

※ただし、失業保険の受給を受けてからも扶養家族になることができるんですよ。

 

働く意思を表明しているだけで、失業保険の給付は受けられますが、給付を受けている間は、国民健康保険に自分で加入する必要があります。

 

そして保険料を支払わなければなりません。

 

それが終わったら、各書類を提出することで扶養家族として認定してもらうことが出来るんですね。

 

これらの事を忘れずにするようにしましょう。

 

もし、手続きをしない場合は、そのまま国民健康保険を個人で加入していることになりますよ。

 

健康保険について記事一覧

健康保険との関係

社会保険や健康保険に加入している人のことを、被保険者と呼んでいます。ご存知ですか?更に、その被保険者の扶養家族として認定されている人のことを、被扶養者と言います。 ...

健康保険に加入する場合<配偶者>

家族である配偶者の方が仕事をしている場合には、扶養家族の範囲外である130万円を超えた年収を正社員として稼いでいる場合には、会社で加入している社会保険に入ります。そうでない...

夫の健康保険組合に加入する場合

女性の方は、結婚をして仕事を辞めてから専業主婦になる場合があると思います。その専業主婦として生活する場合、基本的には旦那様の扶養家族として扱われることになりますよね。 ...

健康保険の免除について

社会保険や国民健康保険は、必ず支払わなければならないものですよね。日本国民として当然の義務でもあります。社会保険料に関しては、会社勤めをしていると給料から天引きされ...

健康保険証のカード化について

扶養をするための扶養家族には、認定基準が設けられていることをご存知ですか?これは、扶養する側の収入または扶養家族の年収、更に生計を同一にしているかどうか、親族かどうかという...