扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 控除申請について > 配偶者特別控除の縮小について

配偶者特別控除の縮小について

 

色々な控除がありますが、毎年何かしら変わっているところがあります。

 

よって、税金などの申告をする際には、控除に関して何か変わっていないか確認する必要がありますよ。

まず、その一つとして配偶者特別控除があります。

 

配偶者特別控除は、扶養家族としての配偶者に割り振られた控除のことです。

 

平成16年度以降では、配偶者特別控除と配偶者控除を二重に適用することができなくなっているので、扶養家族の配偶者控除は、どちらか一つしか適用することが出来ないようになりました。

 

今まで、103万円未満の収入しかなかった配偶者の人は、「配偶者控除」と「配偶者特別控除」で最大76万円の控除が適用されていました。

 

しかし、改正後からは103万円以下の人は、配偶者控除の38万円しか控除されないことになっています。

 

言い換えれば、今までの控除額の半分になってしまったことになりますね。

 

実質、配偶者特別控除がなくなったと言ってもいいでしょう。

 

ですが、配偶者の年収が103万円〜141万円の方は、今までと何も変わらず最大控除額の38万円が収入に応じ少なくなっていきます。

 

なので、その辺はしっかりと覚えておきましょうね。

 

これが配偶者特別控除ということになります。

 

※ただし、この「配偶者控除」や「配偶者特別控除」については、扶養する人の所得金額が1000万円以下の場合にだけ適用されるものになります。

 

よって、高額所得者には該当しません。

 

このような縮小により、色々と家計にダメージが加わるようにもなるので事前に注意して下さいね。

 

ちなみに、サラリーマンの場合は、このような内容が分からなくても会社が一括で行ってくれるので、心配することはないでしょう。

 

控除申請について記事一覧

控除について

こちらでは、扶養家族控除について説明するので、参考にしてみて下さいね。<年収130万円以下の場合>被保険者の配偶者や家族などにおいては、年収が130万円以下の方がいる場...

控除申請のポイントについて

扶養控除申告をすることで、社会保健や税金において色々な優遇を受けられるようになります。ですから、申告はしておいた方が良いと思いますね。そこで今回は、申告をする上での...

控除と高齢化社会との関係

昨今の不況の影響もあるし、また高齢化社会になってきたことに伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増えてきているそうですね。知っていますか?また、...

配偶者特別控除と控除額について

あなたは、「配偶者控除」という制度をご存知ですか?こちらでは、この配偶者控除についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。<配偶者控除>これは、配偶者(扶...

配偶者特別控除の縮小について

色々な控除がありますが、毎年何かしら変わっているところがあります。よって、税金などの申告をする際には、控除に関して何か変わっていないか確認する必要がありますよ。まず...