扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 控除申請について > 控除と高齢化社会との関係

控除と高齢化社会との関係

 

昨今の不況の影響もあるし、また高齢化社会になってきたことに伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増えてきているそうですね。

 

知っていますか?

また、平均寿命も延びてきているので、少子化も進んでいるのが現状です。

 

その為に、高齢化社会が進行しているとも言えますね。

 

お年寄りを支えなければならない若い世代にとっては、不況ということも重なっているのか、仕事がないとか生活が苦しいとかいった人もかなり増えてきているようですね。

 

ここで、あなたの生活の面、親の生活の面を考えてみて下さい。

 

親を扶養家族にすると、少しは生活が楽になるのではないでしょうか。

 

そのように考える人が多くなっているようですね。

 

さて、親を扶養家族にする場合には、健康保健においての被扶養者、税法上においての被扶養者があります。

 

このように2通りパターンがありますが、健康保険においての被扶養者とは、親の年齢が60歳未満であることが必要であり、なおかつ年収が130万円未満の人と定められています。

 

※但し、何らかの障害を持っている人で、なおかつ年収が180万円未満の方であれば、60歳以上の親でも被扶養者にすることができます。

 

とは言っても、この年収にもルールがあります。

 

それは、被保険者の年収の半分未満であることが条件と定められています。

 

更には、親の生計を立てているのが被保険者の年収で、といった条件もあります。

 

つまりは現実的に扶養しているという証明が無いと、扶養家族にはなれないということになりますね。

 

例えば、「扶養家族であるのに親の方が年収が高い」とか、「親のお金で自分が生活しているのに自分の扶養家族になる」といったことは認められませんね。

 

また、親を扶養親族として定義付けてから、扶養控除を受けることもあります。

 

この場合は、親の所得(経費を差し引いた金額)が38万円以下である事が条件となっています。

 

これには年金も含まれるようですよ。

 

ですから、扶養親族にするのは難しいということもあるようです。

 

控除申請について記事一覧

控除について

こちらでは、扶養家族控除について説明するので、参考にしてみて下さいね。<年収130万円以下の場合>被保険者の配偶者や家族などにおいては、年収が130万円以下の方がいる場...

控除申請のポイントについて

扶養控除申告をすることで、社会保健や税金において色々な優遇を受けられるようになります。ですから、申告はしておいた方が良いと思いますね。そこで今回は、申告をする上での...

控除と高齢化社会との関係

昨今の不況の影響もあるし、また高齢化社会になってきたことに伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増えてきているそうですね。知っていますか?また、...

配偶者特別控除と控除額について

あなたは、「配偶者控除」という制度をご存知ですか?こちらでは、この配偶者控除についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。<配偶者控除>これは、配偶者(扶...

配偶者特別控除の縮小について

色々な控除がありますが、毎年何かしら変わっているところがあります。よって、税金などの申告をする際には、控除に関して何か変わっていないか確認する必要がありますよ。まず...