扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 加入条件とは? > 青色専従者制度の活用

青色専従者制度の活用

 

あなたは、青色専従者制度を上手に活用していますか?

 

青色専従者制度をどうするかについては、その仕事をやってもらう内容と支払われる給料によって活用の仕方が変わってきます。

よって、青色専従者制度と扶養家族を活用したいという人は、是非覚えておいて下さいね。

 

(以下参照)
扶養家族で、「扶養控除」や「配偶者控除」を利用している場合には、控除金額である38万円が基準となっています。

 

もし、年間に支払う給料が38万円以下である場合には、青色専従者制度を利用せずに「扶養控除」や「配偶者控除」を利用した方がお得ですよ。

 

その逆で、38万円を超える場合には、青色専従者制度を利用した方が控除額が増えるので、こっちの方がお得になりますね。

 

しかし、一概に38万円を超えたら良いのかというと、そういう訳でもないようですね。

 

もし、年金や健康保険の扶養家族からも外れるくらいの金額を給料として貰うようになってしまうと、扶養家族からも外れてしまうんです。

 

また、その翌年からは保険料が増えることにもなります。

 

ですから、出来れば住民税や所得税、健康保険、年金などに影響が出ないようにしましょう。

 

100万円以内で収める方が色々と良いと思うので、その辺はしっかりと頭に入れておきましょう。

 

結構、自治体などで相談すると親切に教えてくれるので、一度相談してみることをお勧めします。

 

※税金面のことであれば税務署でも教えてくれますよ。

 

結構、皆さんに有利な情報を教えてくれるので、利用してみて下さいね。

 

年間100万円くらい稼ぐということは、大体月の給料が8万円くらいでしょうか。

 

よって、年収にして96万円くらいが妥当ということになります。

 

個人事業で働く「扶養家族の制度」や「青色専従者制度」を利用するのであれば、これが限度ということになりますね。

 

加入条件とは?記事一覧

加入するケース@

扶養家族になるためには、色々なケースがあります。それでは、どういうケースがあるのかについていくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。<扶養家族から扶養家族...

加入するケースA

あなたが、一家の大黒柱として扶養家族を持つことは充分に考えられますよね。そこで今回は、扶養家族として申請しなければならないケースをいくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてみて...

条件に満たないのは?

こちらでは、被扶養者についてご紹介しますね。まず、被扶養者とは扶養家族のことを指していますが、扶養する人の配偶者、子供、両親などが主にあたります。そして、これらの家...

条件から外れるのは?

家族が扶養家族から外される時は、どういう場合か分かりますか?例えば、扶養家族の方が就職して給料を貰うようになった場合です。また、死亡してしまった場合もそうですね。 ...

青色専従者との関わり

個人事業をしている方によくあることですが、扶養家族として認定している奥さんや子供に自分の仕事の手伝いをさせ、給料を支払っているという人は結構いるのではないでしょうか。この給...

青色専従者制度の活用

あなたは、青色専従者制度を上手に活用していますか?青色専従者制度をどうするかについては、その仕事をやってもらう内容と支払われる給料によって活用の仕方が変わってきます。 ...