扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 加入条件とは? > 加入するケースA

加入するケースA

 

あなたが、一家の大黒柱として扶養家族を持つことは充分に考えられますよね。

 

そこで今回は、扶養家族として申請しなければならないケースをいくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

<個人事業主の扶養家族について>
個人事業主として働いている場合、確定申告の際に青色申告をしている人がいますが、そういった人は、通常扶養家族として申請することが出来ないようになっています。

 

ですが、青色申告をする時に特別控除額を受けますが、受けた後の所得金額が38万円以下になった場合においては、所得税に関して扶養家族として申請することができるようになっています。

 

売り上げが少なくて経費がかかった場合は、所得金額が少ないということも考えられるので、個人事業主だからと諦める必要はないですよ。

 

<別居中の配偶者の両親を扶養家族にするケース>
基本的に、配偶者の両親を扶養家族にする場合は、同居している事実が必要です。

 

しかし、別居していても扶養家族にできるケースがあります。

 

それは、扶養する人が別居している配偶者の両親へ仕送りをしていて、そのお金で生計を立てている場合になります。

 

この場合は、扶養家族として申請することができますね。

 

<60歳以上の人を扶養家族にするケース>
60歳以上の人、または障害者認定を受けている人で収入が180万円未満の場合には、扶養家族として認定してもらうことができますよ。

 

上記のケースの場合は、扶養家族としての認定を受けることができます。

 

他にも、色々な扶養家族として認定されるケースがあるので、調べたり役所などに聞いてみたりすると参考になると思いますよ。

 

 

加入条件とは?記事一覧

加入するケース@

扶養家族になるためには、色々なケースがあります。それでは、どういうケースがあるのかについていくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。<扶養家族から扶養家族...

加入するケースA

あなたが、一家の大黒柱として扶養家族を持つことは充分に考えられますよね。そこで今回は、扶養家族として申請しなければならないケースをいくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてみて...

条件に満たないのは?

こちらでは、被扶養者についてご紹介しますね。まず、被扶養者とは扶養家族のことを指していますが、扶養する人の配偶者、子供、両親などが主にあたります。そして、これらの家...

条件から外れるのは?

家族が扶養家族から外される時は、どういう場合か分かりますか?例えば、扶養家族の方が就職して給料を貰うようになった場合です。また、死亡してしまった場合もそうですね。 ...

青色専従者との関わり

個人事業をしている方によくあることですが、扶養家族として認定している奥さんや子供に自分の仕事の手伝いをさせ、給料を支払っているという人は結構いるのではないでしょうか。この給...

青色専従者制度の活用

あなたは、青色専従者制度を上手に活用していますか?青色専従者制度をどうするかについては、その仕事をやってもらう内容と支払われる給料によって活用の仕方が変わってきます。 ...