扶養家族ナビ - 賢い活用法とは?TOP > 基礎知識 > 扶養親族について

扶養親族について

 

扶養家族に属する言い方で扶養親族と言う部類のものがあります。

 

納税者となっている人で扶養親族がいる場合は、所得税に関して一定金額分所得控除を受けることができます。

そのような税制となっています。

 

では、この扶養家族、または扶養親族については、どこまでの親族のことを指しているのでしょうか。

 

扶養親族として申告する際には、申告対象年の12/31時点で、申告する方が以下の要件の全てに該当している人のことを指しています。

 

そのことについて以下に挙げてみたので、参考にしてみて下さい。

 

まず1つ目は、扶養親族とは納税者の配偶者以外の親族となります。

 

●親族の定義としては、血族であれば6親等以内となっています。

 

●配偶者の血族であれば、3親等以内の人達のことを指しています。
または、里子のように都道府県知事から養育や教育に関して納税者に委託されている子供も含まれますね。

 

●養護を委託されている老人については、扶養親族として扱われています。

 

☆ここでいう6親等という数え方ですが、自分を0親等として考えます。

 

・両親と子供は1親等

 

・兄弟姉妹は2親等

 

・配偶者の血族の場合は、配偶者が0親等として数える

 

・配偶者の両親と配偶者の子供は1親等

 

・配偶者の兄弟姉妹は2親等

 

・兄弟姉妹の子供が3親等

 

2つ目は、納税者が稼いできたお金で生計を共にしている人です。

 

3つ目は、1年間の所得(年収から経費等を引いた金額)が38万円以下の人になります。

 

4つ目は、青色申告、または白色申告の専業従事者となっていない人が要件として挙げられています。

 

親を扶養親族とする場合には、扶養したい兄弟がいる際、どなたか1人だけの扶養親族になることになります。

 

※複数の扶養親族としては扱われないので注意して下さいね。

 

 

基礎知識記事一覧

扶養家族について

あなたは、「扶養家族」とはどういう意味があるのか知っていますか?このことを簡単に言うと、自分が養育(扶養)しなければいけない家族のことを指しています。この扶養家族が...

扶養親族について

扶養家族に属する言い方で扶養親族と言う部類のものがあります。納税者となっている人で扶養親族がいる場合は、所得税に関して一定金額分所得控除を受けることができます。その...

色々な規定について

扶養家族には色々な規定があるんですが、それを基に税制が控除されるという仕組みが扶養家族にはあります。その規定は税制によって違うようですね。そこで、こちらではいくつか...

利点について

税金面において、様々な利点が扶養家族になると受けられるようになります。税金面というのは、健康保険、所得税、社会保険などに関する金額になります。では、誰でも扶養家族に...

メリットとは?

旦那さんの扶養家族になると、色々な面においてお得な部分があるんですが、何がお得になるのか分かりますか?例えば、所得税、年金、健康保険、配偶者控除など、色々な面において優遇さ...

失業手当との関係

人生において、失業するという事態に遭遇することもあると思います。この場合、扶養家族として扱われるようになる人もいますよね。もし、扶養家族として扱われた場合には、雇用...

失業保険との関係

こちらでは、失業保険に関してご紹介しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。失業すると失業保険を貰うことがありますよね。中には貰えない人もいますが...。...